カテゴリー別アーカイブ: 未分類

危篤の連絡をもらった際の葬儀のマナーについて

葬儀は行う必要がでてきたとき、短時間で様々な準備を行わなくてはなりません。いざという時に慌てず適切な対応が取れるよう、事前にしっかりと準備しておきましょう。ここでは、危篤の連絡をもらった際のマナーについて紹介します。まず、危篤の連絡を受けた際、親族や親しい間柄であればすぐに駆け付けます。遠方から駆けつける場合には、万が一のことを考えると喪服の準備があると良いです。そして臨終の連絡を受けた際、親族の場合はお手伝いが可能かどうかを確認すると良いでしょう。弔問する際の服装は、平服で問題ありません。ただし、派手な化粧やアクセサリーの使用は避けましょう。香典や供物は通夜か葬儀の時に持参するため、葬儀の前には必要ありません。また、事情により弔問ができない場合は、代理人を立てることも可能です。その場合、代理人は弔問できない旨を伝え、お悔みの言葉をかけましょう。そして故人と対面する際は、可能な限りお受けするようにします。悲しみが強くどうしても厳しい場合には、親族にその旨を伝えお断りしましょう。