葬式の時の靴の選び方

現代の日本はファッションの多様化が著しく、華やかで楽し異洋服で全身のコーディネイトを楽しむことが出来る時代です。時代は大不況と言われてはいるものの、だからこそ商品を販売する側は、いかに衣類等も安くして多くの日本人の購入をしてもらうか、考えて工夫をしているのです。海外の中国などの工場を持ち、安い人件費で大量生産をすることで、日本に逆輸入をして、洋服も靴も安くあらゆるデザインを入れて、多くの日本人に売りさばくことができます。

安いものはそれなりの価値しかないので、短期間でダメになる衣類や洋服は多いですが、それでも時代の流行を追い求める日本人には、洋服や靴は流行りのデザインやカラーを安く購入できたほうがいいわけです。でもお葬式の時には、いくら日本が安異洋服や靴を購入できるからといって、その場に合わない色やデザインではいけません。いくら安くおしゃれができても、お葬式に派手な靴をはくようなことは控えて、靴の色は黒を基本とします。