葬儀時に気を付けるべき服装

葬儀に参列する際、マナーとして知っておかなくてはならないことは多々あります。服装に関してもその一つで、適切な服装で参列をしないと、マナー違反でご遺族にも失礼にあたってしまいます。そこでここでは、参列時に注意したい服装のマナーについて、紹介します。まず、着用するのは喪服が基本となります。平服でも問題はありませんが、派手な色、デザインのものはNGです。紺やグレーなどの落ち着いた色合いで、装飾のないものを選びましょう。コートを着用する際は、毛皮のファーや革素材など、殺生を連想させるものは身に付けてはいけません。また、会場に到着した際には、入場前に脱ぐようにしましょう。次に鞄や靴についてですが、こちらもシンプルで装飾のないデザインを選び、色は黒で統一するのが望ましいです。その他にもアクセサリーは身に着けないように心掛け、女性の場合は化粧に関してもナチュラルなものにしましょう。以上が、参列時の服装マナーになります。