葬儀に関してのこと

葬儀とは、亡くなられた方を弔う儀式のことであり、亡くなった方への敬意の意味を込めて行われるものです。

昔から、亡くなった方は特別視される傾向にあり「村八分」という制度が江戸時代にはありましたが、これは何らかの規則破りをした場合には、村人、隣近所に住む人々から、一切の助けを得られないという意味で、現在でも「村八分」という言葉は使われていますが、それでも、葬儀の時だけは、「死者への敬意」を持つ意味として、村八分はなかった、と制定されていました。

それほどまでに、死者への鎮魂の意味は深いものであり、仮に上記のように何かの掟破りなどをしてしまった場合でも、その家の人が亡くなった時だけは、「村八分」は解除される、というほど、とても深い意味が昔からあるものです。

そして葬儀については、その方の宗派によっても、葬儀の方法が異なっていますが、基本的に日本では仏教の方が多いため、仏教形式での葬儀の方法となっています。