葬式には葬儀、通夜、告別式があります

葬儀は親族や友人などが亡くなった人の冥福を祈って、亡くなった人を葬る儀式のことです。宗派などによってやり方は異なりますが、基本的な進め方は、僧侶がお経を読んだり神官により祭詞、聖書の朗読、祈祷、焼香、出棺、火葬などを行なうことを言います。告別式をいう用語もありますが、告別式は親族などが亡くなった人に別れを告げる儀式で、焼香、祈祷、献花などが告別式の内容です。
以前は葬儀と告別式を別々に行なうことが一般的でしたが、それぞれを一緒に行なうことが一般的になり、葬儀に告別式が含まれていることが殆どです。
通夜は葬儀の前夜に行なわれますが、通夜は親族や故人と親しかった人が集まって夜を通して亡くなった人と共に過ごして別れを惜しみます。現在は告別式に参加できない人のためのお別れの場になっていることも多いです。
葬儀は親族や知人など亡くなった人をあの世に送る儀式で、宗教によりやり方は様々です。告別式は親族以外の一般会葬者も参加する儀式で、大きい告別式は外に焼香や献花を行なう場を設ける場合もあります。