葬式のときに望ましい身だしなみ

生活をしていると、いつどこで人が亡くなる場面に遭遇するのかもわかりません。それまでは元気に生活をしていた人であっても、突然様子が変わることもあるのです。そういった場合には、気持ちよくなくなった人が旅立てるように葬式などに参列をしたいものです。
葬式に参列する際にはある程度のマナーがあります。特に服装に関しては、日本の冠婚葬祭で定められているものがあるので、それに沿っていくようにしましょう。葬式には黒い服装をするのが一般的です。それが喪服だったり、礼服だったりするのですが、最近では黒いスーツでもいいといわれています。女性でもブラックフォーマルにして、正式な場に相応しいものを選ぶようにします。
靴下やストッキング、バッグや靴なども黒ベースにして、金具などがないものがいいでしょう。そしてアクセサリーについても結婚指輪程度にして、女性ではパールのネックレスは一連にするようにしましょう。マナーをしっかりと守って参列したいものです。