葬式での女性の服装について

葬式での女性の服に関してはいくつか決まり事があります。基本的にフォーマルなブラックスーツやワンピースなどが原則になります。親族の場合は、和服で出席する場合もあります。一般的に葬式では服や小物は黒で統一することになります。冬場であれば、コートやマフラー、手袋なども用意する必要があります。涙をぬぐうためのハンカチは黒または白の無地が無難です。会場が故人の家で行う場合は、葬儀後の会食の準備のためにエプロンが必要になることもあります。エプロンも白または黒の装飾があまりないものを持参するのがよいです。鞄も黒のフォーマルバッグと呼ばれているものを用意します。香典を包む袱紗は、弔辞用のものを用意します。アクセサリーは原則につけませんが、マリッジリングや真珠のネックレス、パールは大丈夫です。真珠は、涙を表すからです。しかし、2連のパールやカジュアルなデザインのパールアクセサリーの場合は、避けたほうがよいです。

小さな子供が葬式に参列する場合、何を着せていけば良いのか迷う人は多いと思います。

まず、まだ小さな赤ちゃんの場合は黒やグレー、紺といったシックな色のベビー服があればベストです。
しかし、ベビー服でシックな色はあまり無いので、多くの人が持っている白や薄いクリーム色でも問題ありません。

自分で歩ける年齢の子供の場合は、シャツにズボンまたはスカート、ベスト、ジャケット、カーディガンといった組み合わせで問題ありません。色は白、グレー、黒、紺といったシックな色で組み合わせます。
また、幼稚園や保育園に通っていて制服がある場合は制服で参列します。
幼稚園の制服の中には赤系や黄色系統のチェック柄といった派手なものも少なくありませんが、制服は正装にあたるため葬式に着用しても失礼にはあたりません。

小学生の場合も制服がある場合は制服を着用します。
私服登校の学校に通っている場合は、シックな色合いの組み合わせでシンプルなデザインのものを選べば喪服でなくても全く問題ありません。

<PR>貯蓄 / 内職 アルバイト / GetMoney / 家計見直しクラブ / ショッピングカート / 女性の人生 / オーディオ / 初値予想 / 童話 / 心の童話 / JALカード / SEOアクセスアップ相互リンク集 / 超SEO対策 / アフィリエイト相互リンク / 住宅リフォーム総合情報